2014年06月26日

英語上達のヒント! (13) 英語発音トレーニング Advanced(1)

富士山 忍野村 山梨.jpg 

 『超低速メソッド英語発音トレーニング』本

 これで、英語発音はOKぴかぴか(新しい)

 ハッピー揺れるハート(笑い)



 
 『超低速メソッド英語発音トレーニング』本

 この教材を毎日トレーニングすることで
 英語の個々の単語の発音は
 まるでネイティブのようにうまくなりますハートたち(複数ハート)


 しかしパンチ(笑い)


 個々の単語の発音はよくできても
 こんなことってありますよね


 英文を読むとなるとスラスラ読めないふらふら


 英文を聞いてもなかなか聞きとれないもうやだ〜(悲しい顔)



 「なぜ、スラスラ読めないの、聞きとれないのexclamation&questionちっ(怒った顔)


 はい(笑い) それは、 
 

 英語の特徴は、


 複数の音がつながって

 話されることにより、

 音の変化がでてくる ぴかぴか(新しい)



 ご存じの方も多いでしょうが(笑い)

 音声学的に有名な3つを紹介しますビル 

 (注) 説明上、カタカナを使いますexclamation


 1 脱落(elision)

 <例> hot tea (熱い紅茶)

    「ホット ティー」ではなく「ホッ ティー」

    Good-bye (さよなら)

    「グッド バイ」ではなく「グッ バイ」

    I don't know(私は知らない)

    「アイ ドント ノウ」 ではなく「アイ ドン ノウ」

   単語の最後の子音と次の単語の最初の子音が
   同じ(または似ている)場合に最初の子音が脱落する現象

   (参考)アルファベットの緑の音が脱落していますひらめき


 2 連結(liaison「リエゾン」)

 <例> an apple(1個のりんご)

     「アン アップル」ではなく「アップル」

    talk about(〜について話す)

     「トーク アバウト」ではなく「トーバウト」

    far away(遠く離れた)

     「ファー アウェイ」ではなく「ファーウェイ」


   これは、ある語の最後の音が次の語の最初の音と連結する現象

   フランス語でもよく見られる特徴です

   (参考)アルファベットの赤色の音が連結していますひらめき


 3 同化(assimilation)    

 <例> Than k you. (ありがとう)

     「サンク ユー」ではなく「サンキュー

     Would you like some coffee?(コーヒーはいかがでうか?)

     「ウッド ユー」ではなく「ウッジュー

     Nice to meet you.(初めまして)

      「ミート ユー」ではなく「ミーチュー
   
   これは、隣接した音が影響しあって一つの音になる現象ひらめき

   (参考)アルファベットの紫色の音が同化しています



 「じゃ、この課題を克服するのにはどうしたらいいのexclamation&questionがく〜(落胆した顔)」(笑い)


 はい(笑い) 安心してくださいハートたち(複数ハート)


 最適な教材がありますぴかぴか(新しい)



 その教材は…exclamation&question (^.^)




 【追伸で〜す】

 明日は、新月新月
 時間は、午後17時08分時計
 恒例の行事の記事を紹介しますexclamation

 今日のお話の続きは(笑い)
 明後日28日(土曜日)
 よろしくお願いします手(チョキ)


 さて、今日も
 自分の機嫌ぴかぴか(新しい)は、自分でとって(笑い)
 上気元で顔晴りましょう (^.^)

  今日はいい日だ!

 6月26日

 ついてるレオさん 揺れるハート



posted by ついてるレオ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400323502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック