2014年06月14日

英語上達のヒント! (7) 英語はそのままの英語で理解する

あじさい 手柄山温室植物園 姫路 兵庫.jpg 

 「英語脳」をつくるぴかぴか(新しい)

 ハッピー揺れるハート(笑い)



 19世紀初め、
 ドイツ(当時はプロイセン王国)の
 小さな村に生まれた
 ハインリッヒ・シュリーマンぴかぴか(新しい)

 独学で英語、フランス語、
 ロシア語、ギリシャ語など
 十数カ国語をマスターがく〜(落胆した顔)ハートたち(複数ハート)

 その彼の言葉にこのような言葉がありましたよね




 決して翻訳しないことパンチ




 (参考)その記事はこちら(笑い)

 【ブログ】ついてるレオさん"ハッピー日記"プレゼント
 英語上達のヒント! (2)ハインリッヒ・シュリーマンの話 ( 6 6 2014)



 英語はそのままの英語で理解するぴかぴか(新しい)


 別に信じても、信じなくてもいいのですが・・・(笑い)

 英語の構造は日本語と全く違う
 「配置の言語」です

 英語を読むときに、
 翻訳、つまり、
 日本語の語順で訳してはダメ爆弾(笑い)


 常に英語の語順で「左から右へ」読むexclamation×2


 たとえば、

 He runs the fastest in the world. ダッシュ(走り出すさま)


 この英語は 「英語脳」を使って

 He runs the fastest in the world.

 と理解する(当たり前ですが)(笑い)


 やや英文が長いと感じる場合は、
 スラッシュ(/)を入れて読みましょう。


 (参考)スラッシュ・リーディングひらめき

 スラッシュ・リーディングハートたち(複数ハート)とは
 英文をカタマリ(=チャンク)に区切って
 スラッシュ( / =斜め線)を入れて読むリーディング方法ですexclamation

 (注)文末はダブルスラッシュ (//)



 He runs the fastest / in the world.//



 英語のリズムるんるんを意識して
 カタマリ(=チャンク)で読みましょう

 
 ここで、英語を英語で理解するコツがあります


 それは


 イメージぴかぴか(新しい)


 イメージで捉えると
 「日本語」が浮かばなくなりますパンチ(笑い)


 だから、この英語は


 He runs the fastest in the world. ダッシュ(走り出すさま)



ウサイン・ボルト.jpg

 ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)を想像してもいいですね。


 英語ができるには「英語脳」をつくればいいパンチ

 
 では、その方法は・・・exclamation&question 揺れるハート (^.^)



 (続く)



 【追伸で〜す】

 今日は、イイところであせあせ(飛び散る汗)(続く)(笑い)

 週末エンジョイですね手(チョキ)

 さて、今日も
 顔にツヤぴかぴか(新しい)をだして(笑い)
 上気元で顔晴りましょう (^.^)

  今日はいい日だ!

 6月14日

 ついてるレオさん 揺れるハート


posted by ついてるレオ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399417249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック