2014年06月11日

英語上達のヒント! (5)「知的記憶」と「運動記憶」のお話

東慶寺 鎌倉 神奈川.jpg

 「内在化」ぴかぴか(新しい)(internalize)

 大切かもexclamation&question

 ハッピー揺れるハート(笑い)


 今日は「知的記憶」と「運動記憶」のお話です(笑い)
 
 ヒトの記憶に関する様々な実験から

 「身体で覚えたことは長く記憶に留まる」ぴかぴか(新しい)

 そうです。

 学校で学んだ知識も
 そのままにしておけば、忘れてしまうふらふら(笑い)

 しかし、
 自分のからだの部分、
 たとえば、耳や口、手などを
 使って得た知識を能動的に活用すると
 記憶に長く残り、やがて自分のモノとなる。

 だから、

 英語をより
 上達させるには
 少しでも多くの感覚機能を
 動員すればいいのですね 

 
 見たり読んだりといった
 受け身的な行為で覚えることを
 「知的記憶」(intellectual memory)ひらめきと呼びます。

 一方、

 身体の総器官を動かして、
 大脳の中の回路を経ること、

 つまり、

 感覚機能をフルに使うことに
 よって覚えることを
 「運動記憶」(motion memory)ひらめきといいます。


 ここまでよろしいですかexclamation&question(笑い)

 
 物事を体得するには
 「知的記憶」を「運動記憶」に変えなければならないぴかぴか(新しい) 

 野球でも水泳でも車の運転でも
 どんなに本で勉強しても
 実際に自分が身体を動かして運動しないと
 身につかないですよねふらふら

 何年ぶりにか、自転車に乗っても
 そんなに不自由なく乗りこなせるのは
 「運動記憶」になっているからなのです。

 英語の学習も全く同じひらめき

 どんなに単語やイディオムや
 文法を知っていても
 これだけでは「知的記憶」
 それが使えなければ役に立たない。

 「知的記憶」(語彙力、文法力)を
 「運動記憶」に変えるには身体で覚えるしかないパンチ
 

 そこで、大切なことは


 非常に多く音読することぴかぴか(新しい)


 なのですね 揺れるハート (^.^)

 
  (続く)
 

 【追伸で〜す】

 昨日、【ブログ】ついてるレオさん"Happy Musicるんるん"
 I Just Called to Say I Love You (心の愛) ( 6 10 2014)

 全米、全英No.1ひらめき
 グラミー賞受賞曲である
 Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)の名曲を紹介ぴかぴか(新しい)

 英語の歌を歌うカラオケのも
 「知的記憶」を「運動記憶」に変えるイイ方法ぴかぴか(新しい)(笑い)

 英語の発音練習&リズム習得にも
 役に立ちますよね揺れるハート

 次回、「英語上達のヒントexclamation」は

 「日本語脳」と「英語脳」のお話です手(チョキ)


 さて、今日も
 顔にツヤぴかぴか(新しい)をだして(笑い)
 上気元で顔晴りましょう (^.^)

  今日はいい日だ!

 6月11日

 ついてるレオさん 揺れるハート


posted by ついてるレオ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399192306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック